特許出願中

このフィルター加工技術は、金属粒体をブレージング加工により結合して多孔質体を作り出す事により、フィルターとして活用する、長野県中小企業創造活動促進法の認定を受けて開発された新技術です。
 
ブレージング加工フィルターの特徴
  • 強度が従来よりある焼結体と異なり粒体がブレージングにより結合されているため、特に従来品の改良点としてあげられていた焼結のもろさが一段と改善されました。
  • ブレージングは1100℃で粒体を加工しているため、高温状態での使用に耐える事が出来ます。また、従来のフィルターのように洗浄して繰り返し使用する事が可能です。
  • 使用目的によって形状は自由な設計が出来、用途に応じて表面 処理も可能です。
  • 焼結工法と異なり炉中でのコンベアによる連続生産が可能なため、コストが大幅に低減出来ます。

Copyright, 2003-2005 Miyata Corporation. All rights reserved.